アフラック・コンサルタント
だからこそ叶う育児と
"やりがいのある"仕事の両立

2016年7月入社

前職不動産・マーケティング営業

たった1日で運命が変わったワンデーセミナー

私は前職で、不動産業界で海外リゾートをご提案するマーケティング営業職に従事していました。仕事柄、お客様がお休みされる週末に業務が集中し、土日出社が絶対条件でした。夫婦2人の生活だった頃はなんとかやりくりできていましたが、子どもが生まれてからは預け先の確保などにとても苦労するようになりました。家族3人で過ごす時間が取れないことも心残りで、育休復帰から1年ほどで転職を考え始めました。

知人に保険のコンサルタントをされている方がいたこともあり、どのような仕事なのか理解していたものの、まさか自分が保険業界で働くとは思っていませんでした。すでに内定直前まで進んでいた企業もありましたが、最後の最後で「お話だけでも聞いてみよう」とアフラック・コンサルタント(以下AC)の「ワンデーセミナー」に参加したことで、私の運命は大きく変わりました。

「ワンデーセミナー」は、ACに興味を持った方向けの説明会で、ACの仕事について丸1日かけて丁寧にレクチャーしてくれます。話を聞くうちに、スケジュールやお客様とお会いする場所など、自分の裁量で決められることが多いうえに、やりがいのある仕事ができるACの魅力に引き込まれ、気が付けばたった1日でACへの転職を決めていました。

子どもを持つ母だからこそ、やりがいのある仕事を

現在、まもなく4歳になる息子の育児とACの仕事を両立していますが、前職からは比べものにならないほど充実した毎日です。平日は朝7時半に主人が息子を保育園に送ってくれ、家事を済ませてから私も出社。お客様とのアポイントはなるべく早めの時間帯に入れるようにして、息子のお迎えは遅くとも19時15分までに行きます。仕事が早く終わった日は、18時頃にお迎えに行くことも。帰宅後、お客様にお電話を差し上げる必要がある時は、子どもの声が聞こえてしまうことをお詫びすると「うちにも孫がいて・・・」などと、会話が弾むこともあります。

基本的に土日はお休みですが、「家族が揃う週末に、全員で説明を聞きたい」とお客様からご要望があればもちろんお伺いします。土日出勤とはいえ時間が限られているので、集中して仕事ができ、オンオフのスイッチも切り替えやすいですね。

それでも息子にとっては、せっかくのお休みに母親が出勤するのは寂しいようで、「僕も連れていって」と泣かれることもあります。胸が痛む瞬間ですが、逆に「子どもに寂しい思いをさせてまで働くのだから、満足できる仕事をしたい」と気合が入ります。子どもを持つ女性は、家事育児に支障がない範囲で、短時間だけ働くことが多いのではないでしょうか。仕事に対する考え方は人それぞれですが、私はどうせやるなら、子どもに誇れる仕事がしたい。ACの仕事はやりがいがあり、待遇面でも恵まれた仕事ですので、今の自分にとっては最高の環境です。もちろん家庭と仕事の両立が叶えられるのも、家族のサポートがあってのことですので、家族には心から感謝しています。

女性ACへの配慮に長けた会社に、期待が高まる

ACへの転職を決めたもう一つの大きな理由は、出産した後、社会保障制度に関する知識の必要性を思い知ったからです。日本にはとても充実した社会保障制度がありますが、その存在を知らなければ使いこなせません。いざ子どもを持ってみて初めて、自分の知識の少なさに愕然としました。保険のコンサルタントは、基本的な社会保障制度から資産形成に至るまで、幅広い知識がないと仕事になりません。働きながら自分の人生にも役立つスキルを身につけることができ、まさに一石二鳥です。特に、家庭を持つ女性にぜひおすすめしたい仕事です。

また、ACの給与体系は"個人事業主"のような立場であるものの、一方で"アフラック保険サービス株式会社の社員"として、福利厚生については産休・育休中も社会保険から給付金が支払われます。現在も育休制度を利用している女性ACが複数おります。

女性ACは全体の2割弱とまだまだ人数が少なく、なかでも私のように小さい子どもの子育て中のACは、数名しかいないのが現状です。しかし会社は少数派である私たちにいつも配慮してくれており、仕事と家庭の両立にあたって困っていることや改善点がないか、常に話す機会を与えてくれています。今後、女性ACにとってますます働きやすい職場になるよう、先陣である私たちも努力していきたいです。

仕事をする上でのモットーは、「For you」のスピリッツを常に心に留め置くこと。すべての方が、一期一会のご縁があって担当させていただいた大切なお客様ですので、お客様一人ひとりの人生に寄り添い、一人ひとりに合った保障をご提案しています。お客様がお困りの時、「私」という存在を思い出し、頼りにしてくだされば、AC冥利に尽きますね。パンフレットだけでは説明しきれない事柄を、丁寧にお伝えすることこそが私の仕事です。これからもお客様とのご縁を大切にしながら、楽しく仕事をしていきたいです。